さえずるキウイズム

やきうandドラゴンズ成分多め。そのほか健康や仕事の心得などについてピーピーさえずってます。

主人公が好きではない

漫画をよく読むが主人公が1番好きという作品は少ない。

 

孫悟空よりベジータ、ルパンより次元大介が好きな子供であった。

 

単に捻くれていただけかもしれない。

ライバルや2番手となるポジションにいながらも、キッチリと自分の役割を果たすようなイメージ。

そんなキャラが大好きだったし、こんな大人になりたいとも思っていた。

 

物語の美味しい所をもっていくのも、ラスボスを倒すのも主人公の役割である。

それでも人間的な魅力を感じるのはライバルキャラだし、応援したくなるのは2番手キャラである。

 

なぜだろうか。最近考えてみた。

 

 

主人公というのはある意味では自分の物語を生きていないのだ。

運命、血統といった物語の業を背負っている。作者や読者のための物語を生きている。

最終的には勝たなければいけない。

いや、勝つことが決まっているというべきか。

 

対してライバルキャラは基本的に自分の物語を生きている。

彼らいつも勝つか負けるかわからない。

ラスボスも倒せない。

それでも自分の役割を誇り高く演じている。

 

 

我々はそれぞれの人生という意味では主人公であるが、幸いながら他の誰かの物語を背負う必要はない。

 

 

最終的な勝敗はわからない。

待つのは輝かしい勝利か、無様な敗北か。

それともまた別の何かか。

結末のわからない物語の中で自分の役割を演じていくしかない。